愛奈美の心の想いを詩とエッセイで綴ります!! <薔薇城の愛 Memorial V/ばらじょうのあい メモリアル 3/The ai Memorial of the rose Castle> / Webmart−友愛

Earth-Poem&Essay-小さな存在

小さな存在

Photo by ⇒Manami
自分の存在・・・・・
なんて小さな存在なのだろうか?
宇宙のチリにも満たない、何の重みもない存在。

空間をただ彷徨っているだけ。
何をする事もなく、どこへ行く当ても無く、
風に任せて、そこ此処を ただ彷徨っている存在。

私がこの世界にいること自体が許されるのか?
この世界にとって、私などは必要のない人?
それなのに、今私は何をしようと言うのか?

周りにいる人たちは皆偉大に見える。
私が関知しうる人たちは、大きな存在に見える。
それに比べて・・・・・わたしは
なんて卑屈で、なんて小さくて、なんの価値もない!
そして、なんてか弱いのだろうか?
そんな私が此処に存在しても良いのだろうか?

私が此処にいること自体が無意味に思えてくる。
これっぽっちの力も持たない私。
何の能力もない私。言葉すら出てこない!!

私の行動すらも否定されているかもしれない。
私の存在すら、この世界には必要のない物かもしれない。
どうして此処に私は居るのだろうか?

こんなにも小さくて、こんなにもひ弱で、
影すらも映し出されないわたし。
言いしれぬ無力感と、脱力感を感じる。
こんな私にも、何かの使命があるというのか?
Date:2003年02月28日 記
ライン
    
愛奈美の空飛ぶ船
ライン


inserted by FC2 system