愛奈美の心の想いを詩とエッセイで綴ります!! <薔薇城の愛 Memorial V/ばらじょうのあい メモリアル 3/The ai Memorial of the rose Castle> / Webmart−友愛

Earth-Poem&Essay-今すぐにお会いしましょう!!

今すぐにお会いしましょう!!

Photo by ⇒Manami

 最近携帯メールやインターネットが復旧して、電話やメールでお話しして人と会う機会が減っていませんか?私は最近のこの様な社会的傾向に危惧を抱いて数年が過ぎ去っていきました。

Photo By 愛奈美/2002年1月コテージにて  

私の基本姿勢は、《今すぐお会いして、お話ししましょう》です。
この基本姿勢は十代の頃からのものです。私は人とお会いするのは大の苦手でしたが、それでも、この基本姿勢で助けられたことも幾度となく経験してきました。ですから《今すぐにお会いしましょう》を皆さんにも勧めたいのです。

 さらに、(∂∂?)ナゼ?明日や土曜日では駄目なのでしょうか?其れは、日を延ばすことにより相手の方の感情や言いたいことが変化してしまうことがあるからです。先日電話ではああ言ったけれど、その後別な方が現れて、その方に頼むことにしました。と、いうような事が起きてしまうと思います。此は一つの大きなチャンスを逃してしまうことになってしまいます。明日や明後日では駄目なのです。今が大事なときなのです。ですから、《今すぐにお会いしましょう》の基本姿勢が大切なのです。此は《時の利を得る》ということにも繋がります。

Photo By 愛奈美/美深町−道の駅(双子座館)の夜明け−2002年1月撮影

 なぜか?やはりメールでは言いたいことがきちんと伝えられないですね。特に携帯メールのような短い文章ではかなり無理があると思います。一寸した伝言程度に使うなら、携帯メールはとっても便利なアイテムだと思いますが、真意が伝わるかどうかは分かりませんね。

 さらに、電話でも相手の微妙なニュアンスが分からないのではないでしょうか?そのために誤解と行き違いが繰り替えされることになりませんか?少なくとも愛ちゃんはこの様な経験がかなり在り、大切なことは出来うる限りお会いしてお話しするようにしています。もちろん距離や時間等の制約がありますので、全ての人に対応するのは無理ですが。

Photo By 愛奈美/十勝Root15−2002年1月撮影

 この様な考えから、愛ちゃんはさほど重要でないことでも、出来る限りお会いしてお話しするように心がけています。やはりお会いして相手の目や仕草などを直に感じながらの方が、より相手のことを理解できるように思います。また、お会いした方が、相手の方も私のことを依り理解して頂けることでしょう。

 私は、相手の方とお会いすることにより、数限りないチャンスを頂きました。他の人が不可能だから止めなさいと忠告してくれるようなことも、人とお会いすることにより、可能にしてきました。この基本姿勢がなければ、実現が不可能なことが沢山ありました。

Photo By 愛奈美/十勝Root15−2002年1月撮影

 すぐに会わない弊害はとても大きいと思います。相手の方の信頼感や親近感の取得が会わないことにより、大幅に遅れてしまいます。此はとっても不幸なことだと思います。電話ですと声の感覚だけですよね。さらに、メールとなれば文章だけですから、其処には互いに相手の考えよりも、自分の主観の方が優先されてしまい、相手の気持ちをくみ取ることが依り困難に成ってしまうと思います。

 皆さんはいかがお考えでしょうか?確かに相手の方と会わずともやりとりする方が時間も手間も掛からずに便利ですよね。でも、其れでよいのでしょうか?相手の方の都合が許すのであれば、出来る限り相手とお会いした方が、相手の方の印象も深まると思いますし、その方との親交も徐々に深まっていくのではないでしょうか?

Photo By 愛奈美/十勝Root15−2002年1月撮影

■恋したときはどうでしょうか?
 最近では、携帯やウェブでの出会いサイトも好調な様子で、利用者も可成りいるようですが、私は殆ど利用したことがありません。相手の素性、いえ、顔さえ本物かどうか分からない出会いサイトは不安が募ります。其れよりも身近なところでお会いした方の方が少しは安心できるのではないでしょうか?少なくとも顔が一致しないということは避けることが出来ますよね。

 私は出来るだけ相手の方の目に止まる距離にいるようにします。さらに、出来るだけ声をかけるようにします。そうして、その方とは電話やメールはアポ取りだけに使用し、可能な限りお会いしうるように心がけます。この様にした方が相手の方には好印象に繋がるように思います。こうして得たメイクラブも私にはかなり在りますよ。

Photo By 愛奈美/十勝Root15−2002年1月撮影

■友人とはどうでしょうか?
 私は友人とはメールや電話ではなく、常にお会いすることを前提に行動します。やはり井戸端会議のような物でも、お会いした方が依り関係が深まっていきますよね。この様にして、実際にお会いすることにより、より親密になっていき、とっても楽しい一時を過ごせますね。

■お仕事上はどうでしょうか?
 お仕事上でも私の姿勢は同じです。いえ、お会いすることに依り執着しているかもしれません。出来る限り、スムーズにお仕事を進めるためにはお会いすることが依りベターだと思います。こうして、信用も高まっていき、取引も依りスムーズに行えるようになっていくと思います。このことは、お仕事に取り組む愛ちゃんの基本姿勢ですね。

Photo By 愛奈美/十勝Root15−2002年1月撮影

■とにかくお会いしましょう!!
 初めての方とお会いする時も、とにかくお会いしましょうが、私の基本姿勢です。メールの交換や電話でのやりとりは、お会いしてからの方が依り親密に出来ると思います。皆さんもネット上で知り合い、メール交換の相手とお会いしてからの方が、相手の方を好印象に思い、より交際が深まったという経験は有りませんか?其れであれば、出来る限り早くお会いした方が良いと私は考えています。

■失敗したときのフォローは?
 当然、メールや電話ではなく、実際にお会いしてお詫びした方がスムーズに事が運びますよね。色々な対処もその分効率的に出来ると思います。此がメールや電話だとそれだけ相手の方に悪い印象を与えるのではないでしょうか?関係を維持していきたい相手なら、失敗したときこそ、相手の方にお会いするべきだと思います。

2005年3月5日 記
Photo by himiko 2002年1月撮影 一番上のヒミコの写真は2005年1月撮影
ライン
    
愛奈美の空飛ぶ船
ライン


inserted by FC2 system