愛奈美の心の想いを詩とエッセイで綴ります!! <薔薇城の愛 Memorial V/ばらじょうのあい メモリアル 3/The ai Memorial of the rose Castle> / Webmart−友愛

Earth-Poem&Essay-悪夢・2006年の備忘録

悪 夢 − 2006年の備忘録

Photo by ⇒Manami

愛奈美の悪夢  ⇒ HP管理人愛奈美の本当にあった怖いお話し!

プロローグ

事件は1999年に既に始まっていたわ。

冬の森−2005年初冬・撮影愛奈美 そう あれは 私が お仕事の都合で長年住み慣れた 札幌から苫小牧へお引っ越しした時から既に始まっていたわ。入居の時にちょっと嫌な予感はあったけれど、私はそんな事は気にも留めず、日々の暮らしに追われていたわ。

入居の時に新しい住所での住民票の提出を求められたわ。 私は少しおかしいなと思いながらも、大家さん曰く(警察からの指導で何か起きた時の為に、入居者の住民票を貰うようにと言われている)と言うので、私は警察が言っているのなら、仕方がないと思い住民票を提出したのよ。

でも、よく考えてみると、警察がこんな指導をすると警察自体が法に触れるし、住民票の開示はプライバシーの侵害に当たりますよね。生活が苦しいと周りの環境やこんな事に対して気を配っている余裕が無くなってしまうものね。

しかし、大家さんがこんな事を言った事自体、警察関係の人がこういう事を、大家さんに話した事があると思うわ。これは、大問題よ!しかるべき機関の人がきっちりと調査して欲しいわ。もしそうでないならば、大家さんが警察を利用した事自体が法に触れる事は無いのでしょうか?この大家さんは、こうして、入居者全員の住民票を取っているわ。

後日談。 三年が過ぎて、愛ちゃんが警察に行った時の事、私とお話しした警察官が言っていたわ(俺も、アパートを経営している。そして全入居者の住民票を取っている。そんな事は当たり前の事でしょ)自分の事を引き合いに出して警察官が事件に対して物事を言ってはいけないと私は思います。

 この警察官は、大家さんの事をよく知っている様子で、私の事はケンモホロロ・・・! しかし、昨今ニュースを見ていると、警察官の不祥事がボロボロと出てくる現状があり、こんな事があると、この人もと疑いたくなってしまうのが人情というものではないでしょうか?

@この警察官は、後ろめたい事がないから、自分の事を引き合いに出してきたと思われますが!!私は、自分の身の危険を感じ、この警察官にはそれ以上の事は言えませんでした。本当は、それはプライバシーの侵害に当たるのではと言いたかったけれど、警察官の高慢な態度に何も言えない私でした。

入居後

入居後も今思い起こせば・・・・・!!

函館夜景−2005年・撮影愛奈美 大家さんの変な行動や言動に気がつくべきだったわ。いいえ、気がついていたと思うけれど、私の注意力が足りなかったと思う。

顔を合わせるたびに、挨拶だけでは終わらなかったわ。話し好きの大家さんかと思っていたわ。私は色々と忙しいのに、大家さんと世間話している時間はないのに、気を遣ってお話しの相手をしていたわ。

でも、これが大問題だったわ。

話題の内容が変だった、聞いている方が嫌になってしまうくらいに!!

最初の頃は、町内会やお隣、ご近所の悪口ばかり。(大家さんは何故か町内会には入っていなかったわ)。それから、同じアパートに住んでいる人たちの悪口を平気でこの三年間聞かされてきたわ。

 この大家さん、私の事も他の人たちに悪く言っていると思い、気分が悪かったわ。案の定、私の耳にも入ってくる。(大家さんがこんな事を言っていたわよと)

しかし、私は大家さんが言っていた事はあまり話した事がなかったわ、今までの私は長い間、トラブルを避けるためにいつも良い事はお話ししても、悪い噂は聞かせないようにしているからよ。でもそれは、間違いだったと最近思うようになってきたわ。やっぱり、何処の誰それが、こんな事を言っていたわよとお知らせしてあげるべきね。

保守管理

入居後も今思い起こせば・・・・・!!

函館夜景−2005年・撮影愛奈美 この大家さんは、自分の財産については妙に、必要以上にうるさかったわ。
また、大家さんがやるべきアパートの保守を怠り借り手側に責任をなすりつけるような事が有るわ。さらに、住人の方から、此処を直してと言っても、なかなか直してくれずに生活に支障が出てくるわ。これは、大家さんの契約違反じゃないかしら?

監視??

アパートの住人は四六時中監視されているわ。

函館五稜郭タワーからの眺望−2005年・撮影愛奈美 この大家さんは、四六時中アパートの住人や、ご近所を監視しているわ。
アパートの入居者談、午後11時・12時、又は午前1時などに帰ってきても、大家さんが何時に帰ってきたか知っているという。(昨夜は時頃帰って来たのね)等とよく言われると言っていたわ。そういえば・・・私が早く帰っても、夜中に帰っても、大家さんは私の帰宅時間もよく覚えていたわ。

覗き

この様に大家さんは住人の生活状態や、家の中を覗く趣味があるみたいね。
私は、お仕事の関係上お家にいる事が少なかったので、もしかしたら勝手にお部屋を覗かれていたかもしれないわね。見たわけでもないので、こんな事を書いても良いのかな?

しかし、聞く所に依れば、草を取るふりをして、部屋の中を覗いていた、お風呂上がりに視線を感じたので、そちらの方を見てみると、大家さんと視線がかち合ったと、言っている住人が居るわ。また、私が新しくお引っ越ししたお家のお向かいの奥様も、倉庫代わりに借りた家ですが、「あなたの家の玄関の郵便受けからお部屋の中を覗いていたわよ。」と教えて頂いたわ。【私はこれをきっかけに、アパートを出る事を決意!】

函館五稜郭タワーにてのワンショット−2005年撮影 そして、さらにこんな事実も!!
私が、お引っ越ししている最中に、まだ荷物が残っている居間の欄間が開いていて、そこだけ綺麗に拭いてあったわ。目撃したわけでは無いので、私の推測になりますが、考えられるのは、こんな事が出来るのは、鍵を持っている大家さんしか考えられないわ。

或いは、まだお引っ越しをしている最中に、「ベランダから覗いたんだけど壁がずいぶん汚れているね」、と言うわ。ベランダから覗いたってそんなによく見えないはずなのに、隅々まで知っている様子で、不気味だった。

こんな事もあったわ。大家さんが「換気扇を綺麗に掃除してね」と言うので、私は「いつも掃除してあり綺麗よ」と言ったわ。さらに、「もし確認したいなら、私が居る時に一緒に確認してくださいね。」と言ったのよ。 でも、大家さんは勝手に部屋に入って確認したらしく、翌日一緒に確認した時に、「換気扇はもう見たから、綺麗だったね」と言ったわ。しかし、場所柄、鍵を開けて中に入らなければ、確認出来ないはずよ。昨日、私が一緒にと言ったにもかかわらず、大家さんは勝手に鍵を開けて中に入ったのよ!!

しかし、この現実を考えると、こんな事をする大家さんだから、この三年間私が留守の間に勝手に中に入っていたと疑いたくなってしまうわ。

この件は事件当時、警察署にも申し出ましたが、
確実な不法侵入の証拠が無ければどうすることも出来ないと、けんもほろろの扱いでした。アパートの住人も大家さんとのトラブルを恐れて、証人にはなってくださらなかったわ。写真を撮るとか確実な証拠がなければ被害届も出せないわ。

2006年の備忘録
ライン
    
愛奈美の空飛ぶ船
ライン


inserted by FC2 system